2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ポルポトは結局何をしたかったのか?

1 :革命的名無しさん:2007/11/20(火) 21:55:07
知識人を殺すことで理想社会が出来ると思ったのか

2 :革命的名無しさん:2007/11/20(火) 22:29:51
ホロコーストという最も短絡的な手段を用い、自らの党派性を完全に正当化しようとした悪魔の政権だと俺は考える。

3 :革命的名無しさん:2007/11/20(火) 22:40:57
俺=地下室の虻にするよ 小憎たらしい知識人はどこにでもいるから、個人的な範囲で殴ってやってもいいと俺は思う。問題なのは相手を殺すこと、組織の力で容赦なく殺したことだろう。

4 :革命的名無しさん:2007/11/20(火) 22:50:03
地下室の虻       そして次に問題なのは知識人に対して憎悪をいだいていて、殺人に加担した人たち。人を殺しても構わない、殺人に対して一顧の疑念さえ抱かなくなる洗脳の怖さ。

5 :革命的名無しさん:2007/11/20(火) 22:58:54
宅間みたいな妄想観念で統一された集団だったんだろ。宅間とポル・ポトが重なって見えるんだよ。

6 :革命的名無しさん:2007/11/20(火) 23:09:45
必要があったからやったんだろう。
製造業は殆どなく。農業が中心で後は商業
がある程度の社会を一気に国有化しようとしたら
農民を土地から切り離すことと商業や都市生活者を
集団農場に張り付かせないといけない。抵抗する人間は
殺してしまうほかないが。それだけじゃダメだ。
作った作物を分配する場合残す人間がいると闇市が
できる危険がある。国有化経済にとってこの経済の2重化が
最も危険なことだ。そのためには飢餓状態にしないといけない。
だから生産従事者を間引く必要がある。更に国境地帯などでは
飢餓から逃れようとして労働力を隣国に提供して食料を
得ようとする人間もでてくる危険もあり。これも殺して
しまう必要があるわけで。要するに必要があったから
やったに過ぎない。何が悪いんだ。

7 :革命的名無しさん:2007/11/20(火) 23:56:47
抵抗する者は殺しても構わない?!殺してしまいたいほど憎いのはよくわかる。百歩譲って私闘による解決は認めても、集団による殺人はどのような理由があるにしても認めがたい。(虻)

8 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 00:06:26
そう、俺は法治国家による死刑も認めたくない、いや認めない。(虻)

9 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 00:26:24
ここで殺人における実存的考察をしてみたいと思うのだがどうだろうか。殺人というセンセーショナルな事件を考えれば集団と個の関係が鮮やかに浮かび上がってくるのではなかろうか?まず諸子のご意見を。(虻

10 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 12:13:22
資本主義の開発主義が餓死させた世界の人口からすれば僅かな数

11 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 15:29:36
キリング・フィールド

12 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 18:03:01
自分が脳裏でヴアーチャルな組織的大量殺人をするのと、実際に組織的大量殺人が行われるのとでは質的な違いはないだろうか?(虻)

13 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 18:23:04
ヴアーチャルな世界での〈殺人〉は一人でも三百万人でも変わらないが、実際の殺人では一人と三百万人では全く違うと思う。(虻)

14 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 19:07:04
>>10
ウソツキ!w

戦前の日本であった東北の冷害飢饉でも千人も死ななかったが、同じ頃スターリンの
農業集団化でウクライナで餓死した数は100万以上。。。

戦後中国の毛沢東が1000万以上餓死させた。。。

北朝鮮は最近まで100万以上餓死させた。。。

15 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 19:07:34
「笑ってはいけない。笑うのは過去の生活を懐かしんでいるからである。
泣いてはいけない。泣くのは今の生活を嫌っているからである。」
個人の感情すら統制するポルポト((((;゚Д゚))))ガクブル

16 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 19:45:04
ポルポトとシアヌークとの屈折した同性愛関係、こういう個人的な欝屈が背景にあるという指摘があった。

17 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 22:05:37
ポル・ポトってプノンペン陥落してからの20年の粘りがすごいと思われ。

18 :革命的名無しさん:2007/11/21(水) 22:25:47
つかこうゆうコミューン主義とか極端な集産主義って、なんか定期的に発生するよな?
ヤマギシ、わらび座、日本労協連とか他人事じゃないと思われ

19 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 05:05:06
個人的な殺人と軍隊による戦争、そこにある本質的な違いは何だろうか?単独殺人、集団によるリンチ殺人、自然発生的に起こった群衆の人民裁判による死刑、どのあたりから質的に変貌するだろうか?(虻)

20 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 05:17:00
殺人を正当化、効率的に遂行するためには、法律が必要だ。それはもはや殺人とは呼ばない。殺人から死刑に移行する間に何が起こったのか?(虻

21 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 06:10:52
法によって裁かれる殺人、法によって承認、あるいは強制される殺人、そこに集団と個のどのような関わりが見いだされるのだろうか?(虻

22 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 06:29:08
裁くということはどういうことか?俺はだれかに殺人にいたるまでの様々な制裁を加えることができるが、裁くことは許されない。裁くことが許されるためには集団のなかであらかじめ承認されなければならない。

23 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 12:07:28
個人的な殺人を禁止し、社会組織のなかでの〈殺人〉は社会組織によって合法化される。社会の秩序維持のための〈殺人〉は許される。ではその秩序維持に問題はないか?(虻

24 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 12:32:07
ベトナム人をぶっ殺したかったのだけは、ガチだったと思うが。
共産主義者であると同時に、強烈な民族主義者であるのも、こいつの特徴の一つ。
相反する思想が同居していたという点が興味深い。
ただ、こいつの痛いところは、ガキばかりの軍隊で、ベトナムに勝てると本気で思っていたこと。
妄想と現実の区別がつかなかったんだろうな。

25 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 13:16:16
>>24
プノンペンは落ちたけど、かなりしつこく戦ったような気も。

26 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 20:43:55
ふう、【日本を破壊せよ】のスレでちょっと喧嘩してきたよ。きょうの昼からさっきまで。夜のは長い通勤電車の帰りにカキコした。よかったらヨミコしてよ。ああいうぷんぷん臭う加齢臭我慢ならない。(虻

27 :革命的名無しさん:2007/11/22(木) 22:37:31
>>25
ジャングルに隠れていただけだよ。
そもそもベトナムがカンボジアに侵攻したのも、ポルポト派がベトナム領内に侵入して暴れていたからだし。
旧陸軍も真っ青のDQNぶりだと思う。

28 :革命的名無しさん:2007/11/23(金) 05:46:57
多分大先輩のスターリンを見習って農業の集団化を夢想したのではないか。
目的達成を急いだあまり、反抗しそうな階級を大量に殺した、ポルポトの
個人的性向もあったかもしれない。

29 :革命的名無しさん:2007/11/23(金) 13:51:35
>>18
イスラエルのキブツなんかもそう。
いずれも宗教的信条に突き動かされないと物々交換の
原始共産社会は長続きしまい。
”貨幣愛”を無視した経済は成り立たない、とケインズも言っておる。

30 :革命的名無しさん:2007/11/23(金) 14:32:43
前から知りたかったのだが、ポルポト派の政治文書で日本語訳されたのは
あるんだろうか。綱領とか、一度読んでみたいのだが。


31 :革命的名無しさん:2007/11/24(土) 14:20:26
イスラムを撲滅するには欧米社会の反イスラム感情を決定的に高める必要がある。9.11後の
アメリカは当然だが、マドリード、ロンドンのテロ以来欧州はどこもイスラム教徒への不信感が
強まっている。中東には心強い殺戮の下手人候補のイスラエルがあり、ナチスにやられた恨みを
アラブに転嫁してくれそうだが、まだ世界は偽善的な人道主義に覆われている。アメリカは殲滅
ではなく民主化を旗印にしてるから、イラクでも偶発的な虐殺はあるが絶滅戦はやってない。
重要なのはかつての世界恐慌のような深刻な経済的・社会的危機が発生する事である。そうすれば
かつてのドイツがそうだったように、大衆や政府は不満の吐け口を潜在的に敵意を持っていた相手に
向ける。偽善の仮面など剥がれ落ちてしまう。現在の欧米なら確実に鼻つまみ者の少数者の
イスラム教徒である。またイスラム世界は世界経済において中国やインドのように重要かつ不可欠な
要素ではない。中東の幾つかの国は民度の高さでなく、たまたま石油が湧いたから繁栄している
だけで、別にその受益者が彼らである必要はない。移民としてのイスラム教徒も、かつての
ヨーロッパのユダヤ人のような社会的、文化的に重要な役割はない。逆にテロや犯罪の温床で
社会の邪魔者である。彼らを一掃すれば、国際社会はより安定し、また彼らが占めていた土地は、
人口過剰の国からの移民先として有用になる。殺戮に情けも容赦も必要ない。これは人類という
共同体にできた致命的な悪性腫瘍を取り除く外科手術であり、痛みを伴うにしても勇気を持って
実行するしかない。さもなければ彼らは不気味に増殖を続け、遂にはその毒で母体である人類全体を
死に至らしめる。女子供とて見逃してはならない。イスラム教徒が生き残る限り、彼らはすぐに
健康な部位に転移し、手術後の弱った肉体の中で再び勢力を盛り返し、病を再発させる。
彼らを全て取り除く大手術は一回でなければならない。我が国の優れた科学技術も、
その際には優秀な手術機器や放射線療法や抗癌剤や免疫療法として役立ってくれる事を望む。

32 :革命的名無しさん:2007/11/24(土) 18:42:23
イスラムを撲滅云々する前に、まず撲滅云々という愚劣なことばが出てくる自身の愚劣極まりない精神状態を撲滅しなさい。

33 :革命的名無しさん:2007/11/24(土) 18:46:47
その精神状態を撲滅すればもはやイスラムを撲滅云々ということばは決して出てこなくなるにちがいない。(虻

34 :革命的名無しさん:2007/11/24(土) 19:27:22
でも俺が革命政権樹立させて政府の中枢に入ったら、やっぱり小泉とか竹中とか奥田とか御手洗みたいな奴は粛正もしくは終身強制労働にするけどね。
革命政権に粛正はつきものだろ。

35 :革命的名無しさん:2007/11/24(土) 20:22:41
虻はイマジネーションでは八つ裂きにしてやりたいが、実際ではヤツらの耳の中に入って愚劣な感覚を麻痺させることしかしたくない。

36 :革命的名無しさん:2007/11/24(土) 20:29:16
虻は小泉にガソリンブッかけて焼き殺してやりたいとよく思ったよ。さぞかし悪臭を放つだろうとね。ガソリンが可愛そうなくらい。

37 :革命的名無しさん:2007/11/24(土) 20:40:24
虻は天皇も不破も、ブッシュもジョンイルも殺してやりたいくらい憎しんでいるよ。国会議員は全員処刑してやってもいいくらい。そう思って自分の歯がぼろぼろになるのは俺の自由だから。でも悔しいね!

38 :革命的名無しさん:2007/11/25(日) 00:19:35
今の日本に必要なのはポルポトの政治!
通貨廃止、都市住民の強制就農で
農業国に!

39 :革命的名無しさん:2007/11/25(日) 04:49:41
そう思うのはあなたの勝手だけど、それを集団で叫んで街頭をデモ行進したりすると、やっぱり狂っていると思われても仕方ないでしょうね。(虻

40 :革命的名無しさん:2007/11/25(日) 07:56:29
ポルポトは正統な毛沢東主義者であり、共産主義者でしょ。
真正面から取り組めばああした事態になるってことだ。

41 :革命的名無しさん:2007/11/25(日) 09:22:47
中国の息のかかった北朝鮮やミャンマーを見ると、アメリカが中米やラテンアメリカに棍棒を奮うのと同じ構図が現われてくる。(虻

42 :革命的名無しさん:2007/11/25(日) 10:24:50
地上に楽園を作ろうとすれば
こんなことになるだろうよ。

43 :革命的名無しさん:2007/11/25(日) 17:35:56
日本でもやって!
ヒルズ族と都皆殺しにしってくれるのなら。

44 :革命的名無しさん:2007/11/25(日) 17:52:31
明けても暮れても皆殺しのバラードカキコしてるって、精神衛生上よくないんじゃありませんか?(虻

45 :革命的名無しさん:2007/11/26(月) 17:32:17
>>14
日本の東北だけを全資本主義社会の例にして比較するなよ。
世界の自由経済圏でどれだけの人口がいまでも餓死していると思っているだ。

46 :革命的名無しさん:2007/11/26(月) 17:34:44
餓死者続出は北朝鮮が外国からより多くの援助を受けるためのプロバカンダだろ

47 :革命的名無しさん:2007/11/27(火) 22:27:59
>>45
馬鹿だな、餓死するのも自由なのが自由経済圏なんだよ。
そんで、共産圏はみんな仲良く餓死するのさ。(党幹部除く

48 :革命的名無しさん:2007/12/14(金) 18:18:41
>>47
アフォか。ということはその共産圏こそ新自由主義社会だわな。
一部の富裕層以下がどんどん貧しくなるのが格差社会を奨励して止まない
新自由主義にとってのユートピアだろ。


49 :革命的名無しさん:2007/12/16(日) 20:52:58
ポルポト派は日本でいえば松平定信や水野忠邦の政治が過激化したもの


50 :武庫川女子大学総長 ◆gqBBZUnUPk :2007/12/17(月) 06:52:09
>>1
昭和天皇の理想をカンボジアにおいて実現させたかったのだろうね、きっと。

51 :革命的名無しさん:2007/12/17(月) 12:47:41
物作りや農業中心の社会


52 :革命的名無しさん:2007/12/21(金) 10:31:28
五一五や二二六クーデターが成功していたら日本もああなっていたかも

53 :革命的名無しさん:2007/12/22(土) 20:23:19
 ソ連に占領されても、ポルポトのような理想的は政治は無理でしたね。


54 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 09:45:44
今、KeyHoleTVのあまりにプアな音でスミ・ジョーの歌を聴いている。
彼女のボーカルがどれぐらいのものなのか知らないけど人は声ひとつとっても可能性を秘めているんだって思う。
それとも彼女の歌は人類が偶然手に入れた奇跡なんだろうか?

当時アメリカがあって、ソ連があってお互いいがみ合っている。
でもそれってくだらないんじゃないか、物を持つことがいがみ合うことにつながるなら何もいらないんじゃないか。
冷戦なんていっても所詮は物を持つもの同士が単に虚勢の張り合いをしているに過ぎない。
ポルポトが異国の地で、地面をアスファルトで覆い木々よりも高い石の建物で占めるパリの街で思ったとしても不思議じゃない。
そしてポルポトの胸には雄大な自然の中で力強く生きる同胞への思いがあったんだ。

体一つでいいじゃないか、
大地があればほかに何を求める必要があるだろう。

ポルポトの理想を理解しない人だっているかもしれない。
でも、人はまだ人々が理解できないほどの可能性を秘めているんだってことは知ってほしい。

朝からいい歌声を聞けたことを少し喜んでいる。

55 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 10:40:39
>>54
死体の山を築いた事はスルーかい!

56 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 10:46:42
ねっwのロマンチストぶりに対して,>>55の品性が哀れでならない

57 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 10:48:55
>>56
ロマンで殺されちゃたまらんわ、ボケ!

58 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 13:14:26
原始時代の理想的な状態、「はじめ人間ギャートルズ」
のようなにするため。


59 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 15:09:53
ポルポトがやったのは戦争による殺害。戦時下ではあたりまえ。

60 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 15:11:58
以前、ポル・ポトのスレたてて「いいことをした」などと書いてしまった椰子が、共産板の住人たちにボコボコにされてな。

61 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 15:23:22
最初富のなかった頃は全員平等
の国にするつもりだったけど
人々がポルポトを喝采していくようになって
権力欲にとらわれたんだろ
ポルポト以下の指導層も
原則みな平等で指導層にも例外なくが守られない共産主義は
失敗する

62 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 15:24:03
>>59
自国民に対する虐殺は戦時下じゃないわ、ボケ!

63 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 15:25:28
マネーゲームが支配するようになった、今こそポルポトが見直されるべきだが。
アメリカでポルポト政治が必要かも。

64 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 15:49:20
   ∧∧  ((( )))                                     ∧ ∧        88彡ミ8
  / 中\ .( ´Д`;)  ___+(\_/)   ∧_∧.      ∩゛     ∧空∧ (,,・д・)      8ノ/ノ^^ヾ8
 (  `ハ´∩⊂  ._つ゛/ ――┤.( ´∀`∩゛.+( ´_ゝ`)___ .| |  ∧ ∧{´ ◎ `}_(__ノヽ(`Д´)ノ゛|(| ∩ ∩||
 ( ~__))__/ / 人 Y| | /(.  = ,= | (つ   .∧∧/   ∧_∧.  | |  ( ´ー`) ):::/´∀`;::::\ __. 从ゝ__▽_.
 | | / / し'(_)| ||\┏┓/∫ヽ   (=゚ω゚)ノ\ ( ´Д`)/./  \ <∧|∧   /::::::::::|(ΦдΦ)/||_、_|
 Λ_Λ /´Д`)/ /.V/  ∧,,∧ ∬ 〜(  x).  /        / ,一-、 (´ー`)   /::::::|::::::| ( へ /.(___
<丶`∀´>     /.  ||  ミ,,゚Д゚ノ,っ━~~ .U U   / /|      /. / ̄ l   ⊂ヽ \/|::::::::|::::::|く γ\(ミ|∧w∧
[ (★) ]_  /   人 ミ ,,,  ~,,,ノ  n A Very Merry X'mas.  .■■-っ┌───────┐ ̄\ ( ゚Д゚ )
<丶´Д`> /⌒l ( ゚ー゚)と..ミ,,,/~)ヽ(凸)ノ~      and.     ´∀`/ | ●        ● |    .\    ノ
(ミ 北 )/ ./ .|    / ̄ ̄し'J\[Y]   Happy New Year!   ../| ┌.▽▽▽▽.┐ |____|__||_| ))∧_
. ) |(ヽ   | /   /     ●  ●、ヽ   -=・=-      -=・=-  ( ┤ |        | |□━□ ) " ,  、
|⌒彡 .| ゙ー.'| L   |Y  Y       \War is Over. If you want it..\| └.△△△△.┘ |  J  |) ゝ ∀ 
|冫、) |  /(_  ヽ  |.|   |       .▼ |∀゚). (●´ー`●)   (゚Д゚)?|\あ\       | ∀ ノ    ∧_∧
|` / ノ /   ゙し'  | \ /■\  _人 |∧∧ ∩.∧_∧∩゛∧_∧ . |   \り \      | -   Åミ (   
|/ / ノ      / ■ヽ ´∀`)___/( ゚Д゚.)'/( ´∀` )/ (・∀・ ) j|    \が\    | ) /. \// ̄ ヽ
 / /  ( `Д) ( ・д・*∩゛ )  冫、 U  / .(     / ⊂  ⊂.)ヽ(´ー`)ノ゛ \と.\ ∧_∧/(´Д`;)|^◇^ ヽ


65 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 15:52:14
>>60
過去ログ探したけど見つけられなかった。みんな懐かしくて先に進めない・・・
とりあえず、お土産は上のコピペかなw

66 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 16:00:36
かなり顰蹙を買ってたから、削除依頼したんじゃね?
さっきから「当たり前」だか「今こそ見直されるべき」とか書いているヴォケは、同様の目に遭っても不思議ではないな。

67 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 16:03:56
この板にそんな奴がいるのか?
顰蹙を買うのは当たり前だな。

68 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 16:16:34
宅間守と同様の人格の厨坊が残念ながら少なからずいるわけで。
本人は愉快犯のつもりなんだろが、そういうところが宅間チックなわけで。

69 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 16:32:59
他人が不快になるようなことを書いて愉快だって感じるや釣ってどんな奴なんだろう。
この板にそんな人格の厨房がいるというのは残念で仕方ないね。

70 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 17:12:23
>>69
日本共産党がそれ。

71 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 17:37:58
>>70
親に「勉強しろ」って言われたことない?
そう言われて不快に思ったことは?

でも親は不快に思うのを面白がって「勉強しろ」って言っていたわけじゃない。
自分自身にとって一番不快な発言は一番親身な発言だってことは良くあるんだ。
親は子供のことを心から思っているからこそ「勉強しろ」って言ったんだと思うよ。

甘い、美味しいことばかりを並べて財界べったり、増税、庶民切捨ての自民党や第二自民党の民主党。
読めば不快、聞けば不快だけど国民と共に歩む日本共産党。

もう少し大人になって自分のためになるのはどっちの発言かって理解してもいいような気もする。

72 :B75 ◆LgNBT1a0O6 :2007/12/23(日) 17:40:27
クメールルージュって、規模が小さな組織だったらしいよ。

小さすぎる組織が政権を掌握してしまったため、
反乱を恐れて 転覆されることの『予防』に努力した結果が
あの虐殺だとかいう話を聞いたことがある。

73 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 17:41:58
>>72
そんなことはどうでもいいから前にちょっと匂わせたベトナムの経済の未来について語れよ。

74 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 17:45:03
>>71
うちの親は「朝鮮人死ね」とは言わなかった。


75 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 17:46:30
うちの親は最低賃金引き上げに反対とも言わなかったなあ。

76 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 17:50:27
うそだろう?

日 本 共 産 党 は 朝 鮮 人 死 ね っ て 言 う よ う な 人 非 人 の 集 ま り か よ 。

だまされていたぁ。
日本共産党は「半島に帰れ」とか平気で言うような屑の集まりなんだ。
だますことしか考えてないんだ。
あいつらは人殺しの上に戦争をしたくて仕方ないんだ。

ああ、あんな連中が何で今でも平気で生きていられるんだ。

77 :革命的名無しさん:2007/12/23(日) 17:58:08
>>75
無意味じゃないけど大切なのは法律じゃないだろ?
法律で最低賃金を決められても貰う金額が違っていてそれで何か行動を起こせるのか?
他に行っても同じような賃金だったらどうする?
サービス残業は現時点でも違法だ。でもなくならない。
法律じゃないんだよ。
水戸黄門の印籠なんて期待するのはやめたほうがいい。
自分で何かをしないでは何もできはしないさ。

自分達の賃金を決めるのは労使双方なんだ。
法律が最低賃金を定めようともっと低い金額で黙って働くなら上がることはないし、
逆に法律が最低賃金を無視して雇用者に賃金額を決めさせることだってできる。
もし、戦うことができるのなら。

78 :革命的名無しさん:2007/12/24(月) 15:00:04
>>62
内戦という概念を知らないのか?

79 :革命的名無しさん:2007/12/29(土) 00:36:37
>>78
いや、ポルポトが虐殺していた頃は、すでにロンノル政権は崩壊しており、シアヌークも軟禁されていた。
クメール・ルージュ内の反ポルポトの連中(フンセンなど)やその他の反抗勢力は、ベトナムに逃亡。
カンボジア全土をほぼ掌握しており、内戦など起こっていない。
だからこそ、あの恐怖の大虐殺が出来たわけで。
ま、その後にベトナムに喧嘩売って、あっというまに民主カンプチアは崩壊するわけだが・・・・。

80 :革命的名無しさん:2007/12/30(日) 17:14:40
旧政権の軍人を皆殺しにしたことは評価できる
日本やドイツもそれだけは見習って欲しかった

81 :大輔と大悟の呉越同舟:2007/12/30(日) 20:17:34
ベトナムて、日本、フランス、アメリカ、韓国、中国と戦った国なんだろ

、ベトナム戦争、中越戦争、イラク人かよw、ベトナム人って

82 :革命的名無しさん:2007/12/30(日) 20:21:07
日本とは戦ってねえぞ。

83 :大輔と大悟の呉越同舟:2007/12/30(日) 20:21:58
中国と仲たがいした旧ソ連の支援と、ベトナム戦争終結後、米韓軍が残していった兵器と

内戦で培ったゲリラ戦があったから、あの精強な人民解放軍もてこずったw

84 :大輔と大悟の呉越同舟:2007/12/30(日) 20:22:46
82≫
  そうだったけ

85 :革命的名無しさん:2008/01/01(火) 13:36:56
日本軍が進駐したときには、ベトナムなど影も姿も無い。あったのはフランス領インドシナだ。
だから、日本が相手をしたのはフランスだ。フランスはろくに戦闘もせずに日本軍の進駐を認めた。
で、ここが肝心だが、フランス植民地政府を解体したのは、日本軍だ。
1945年3月9日のこと。
バオ・ダイ帝によってベトナム帝国を独立させ、シアヌーク国王によってカンボジア王国を独立させ
シーサワーンウォン王によってラオス王国を独立させた。
ここまでが日本軍の仕事。

86 : 【中吉】 【1213円】 :2008/01/01(火) 14:12:58
じゃ、日本って最低じゃん。

87 :革命的名無しさん:2008/01/01(火) 15:31:22
>>1

革命的統治の法主体として、反革命分子(と規定する者)を処刑。

この論理を持つ党派は、帝国主義国家戦争と対置する意味での暴力肯定論を持つため、
内外人民に対しても(主観的)革命戦争を遂行。

「敵(反革命)」を殺せ。 と成る。


88 :87:2008/01/01(火) 15:58:40
私は、このような集団の自己解体を願う。

89 : 【大吉】 【1025円】 :2008/01/01(火) 16:31:28
自らの敵を発見して殺せ!

90 :87:2008/01/01(火) 16:58:06
>>1

多くの知識人をブルジョア的個人主義者と看做したのかな。
労働者階級絶対視による革命的(藁)憎悪の発露。



91 :87:2008/01/02(水) 13:32:45
>帝国主義国家戦争

帝国主義国家権力(権力延長としての戦争)

92 :革命的名無しさん:2008/01/02(水) 18:31:39
>>79
それは内戦の概念として小さすぎる。
敵の息の根を虱つぶしに絶たないと戦いに勝ったことにはならない。

93 :革命的名無しさん:2008/01/02(水) 20:21:53
>>1

少しネット上のもの読んだ。
簡単に言えば、「知識人の反乱を恐れて」だ、そうだ。

迷惑な話しだな。
日本の新左翼系党派の中にも似たようなの居ないか?
自己中心的な「反革命の拡大解釈」。

94 :革命的名無しさん:2008/01/02(水) 20:30:11
創価学会の拡大解釈に耽るバカミンコロが大量に湧いてますが、受け狙いですか?

95 :革命的名無しさん:2008/01/02(水) 20:39:57
>>94

kwsk

96 :革命的名無しさん:2008/01/02(水) 20:55:04
http://money6.2ch.net/test/read.cgi/eco/1109929049/416-419
416 名前:_:2007/12/28(金) 22:58:34
「これではまるで奴隷」とか抜かす労働者は思い上がりも甚だしいよな。
しかし同じ金喰い虫でもなるべく固定費にはしたくないよな。
やはり派遣というのは最も優れた制度なのだよ。
竹中さんらが賞賛してたのも頷ける。

418 名前:金持ち名無しさん、貧乏名無しさん:2007/12/29(土) 07:17:41
>416
中国で文化大革命が起きた時、お前のような奴らが民衆にリンチされたんだって♪
日本人がそれをするかは疑わしいが、オレはよう止めれませんよ
('-^*)/

419 名前:_:2007/12/29(土) 07:39:50
文革w

間抜けな夢見てるブサヨには悪いが、
逆に努力不足の派遣を全力で叩くのが
健全な日本人ですからw

嫌ならさっさとシナに行けばぁ?

97 :革命的名無しさん:2008/01/02(水) 21:47:07
共産厨は竹中と完全に一体化してるな。
最低賃金上げに反対するだけのことはある。

98 :革命的名無しさん:2008/01/02(水) 21:58:19
最新! 12.8 リチャード・コシミズ名古屋講演会 「真の愛国者が日本を救う」

独立党マニフェスト提唱を始め、内容の濃い講演会となりました。
民族に垣根はない。 リチャード・コシミズ集大成。 必見です。
http://video.google.com/videoplay?docid=6122301316446344460&hl=en

99 :革命的名無しさん:2008/01/03(木) 12:40:04
>>92
そういうのを虐殺と言うんだろが、ボケ!

100 :革命的名無しさん:2008/01/03(木) 13:26:56
>>99
それは死刑。国家反逆罪による合法的な死刑ですよ。

101 :革命的名無しさん:2008/01/03(木) 14:07:44
共産主義が天下の権力を握るとこんな事もできちゃいますと知らせたかったんだろ。

102 :革命的名無しさん:2008/01/03(木) 14:24:28
あなたは死刑制度に反対なの?

103 :革命的名無しさん:2008/01/03(木) 18:06:45
内戦と言ったり、死刑と言ったり、どっちやねん。
はっきりせいよ、ボケ!

104 :革命的名無しさん:2008/01/04(金) 15:21:47
死刑も内戦のうち。戦争に勝った者の論理で裁くのが裁判。

105 :革命的名無しさん:2008/01/04(金) 16:06:26
で、やっぱり虐殺ってことね。

106 :革命的名無しさん:2008/01/04(金) 16:33:01
で、内戦も死刑も虐殺ってことでOK?

107 :革命的名無しさん:2008/01/04(金) 16:52:07


P.I.P という小説では中国(毛沢東)による指示だったらしい




108 :革命的名無しさん:2008/01/12(土) 15:12:09
 最初はマトモだった、旧政権運の将兵の処刑という
当然のことなのに、あまりやられてないことをやったりしていたわけで。
スターリンですらドイツ兵や日本兵を皆殺しにはしなかったのに
それをやったわけだから、その点は評価されるべき。 

109 :革命的名無しさん:2008/02/17(日) 00:19:06
良スレなので保全

110 :革命的名無しさん:2008/03/10(月) 15:50:48
共産党万歳

111 :革命的名無しさん:2008/04/04(金) 19:44:35
>>107 おれも読んだ 気になるな

112 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 02:41:58
ポルポトは虐殺の責任者として万死に値するが、
悪い人間だとはどうしても思えない。
おだやかだが理想の炎を心に秘めた中学校のフランス語教師
というキャラ設定は正しいと思う。

若い頃にパリに行って、資本主義社会が牙を剥くところをまざまざと見たんだろう、
幸い祖国カンボジアは白紙の状態に近い。本気で平和で平等な社会を築こうと
したのだろう、その思いが純粋すぎた。
大体ほとんどのクメール人というのは純朴そのものの無垢なお百姓さんなんだな
イデオロギーなど何も無い幼児の如き性格の民族なんだな、そこに共産主義という
劇薬を注ぎ込んだものだからパニック起こして殺人の連鎖が起こってしまった。
ポルポト以下赤色クメール幹部が虐殺を命じたわけではなくてシステム全体のバグで
結果的に大虐殺になってしまった。

問題は大虐殺と言う結果だけに注目して、「ポルポトのビジョン」というものを
誰も検証しようとしない点だ。平和で平等な社会=できっこない=考えてはいけない=悪。
というふうになってしまったのはなぜか?ということを考えてみても良いのではないだろうか?


113 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 05:16:39
純粋な基地外ほどタチ悪いもんはないって話。

114 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 13:43:02
ポルポトとクメールルージュ幹部に大虐殺の責任を押し付けて思考停止。
カンボジア人の小乗仏教に基づく死生観を考慮に入れた考察というのは
成り立たないのかな?

115 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 17:53:34
「どんなに悲惨な結果に終わった事でも、多くの場合その始まりは
善意から起こったことである」
  ジュリアス・シーザー

116 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 18:21:55
田舎におフランスからインテリ様が帰ってきたって構造でな。
おフランス帰りのインテリ様にとって、カンボジア農民なんか虫けらにきまってんじゃねえか。
「インテリが諸悪の根源」ってのはある意味正しかったんだな。最初に自分が首つればな。

117 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 19:13:18
つーかポルポトの運動がなんで大虐殺という結果を招いたのかという部分を「思考停止」して、
それをカンプチア人民の「民族性」や「死生観」の問題へと回収するという行為自体が、
「ポルポトのビジョン」を棚上げにする行為そのものではないか。
シハヌーク体制でもヘンサムリン支配下でも、あんな規模の虐殺は発生していない。
虐殺を「民族性」などに回収しようとなどというもくろみは成功しないだろうね。

118 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 21:00:42
チベット弾圧は漢族の民族性だけどな。

119 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 21:30:52
アンコールワット行って来た。
「ベトナム人がクメール人を殺しに来たの図」というレリーフがいたるところにあるのな。
ポルポトが抱いていたベトナムに対する異常なまでの恐怖心はなかなか理解できない部分なんだけど
レリーフを見て、それはクメール人一般の考え方であることが判った気がした。
日本に例えると鎌倉時代から昭和までずっと断続的に蒙古軍が攻めてくる恐怖が続いているみたいな
ものだと思う。

大虐殺はクメール人の民族性だけでは説明は付かないけど、決して過小評価してはいけない要素だと感じた。
俺の友達(カンボジア在住日本人女性)がシェムリアップの華僑の家でTVを見てたら
タイで放送している「キリングフィールド」を見たそうだ。
その華僑の家族は全員強制収用所に入っていたのだそうだが、
「あのころは大変だったね〜」と半分懐かしむような表情で映画を鑑賞していたそうだ。
その姿を見て「この人たちの精神構造はどうなってんだ????」と思ったそうだ。


120 :革命的名無しさん:2008/04/17(木) 23:34:01
日本にだって頭の上から爆弾おとしまくられて火の海を生き延びて
「あのころは大変だったね〜」って奴、いっぱいいるじゃねえか。

121 :革命的名無しさん:2008/04/18(金) 20:48:51
自分たちの独裁政権の維持にとって邪魔だと判断したら躊躇せずに始末する。
これが歴史的に共産主義者がやってきたことである。
ポルポトの場合は、主に都市部のインテリ層に対して猜疑心をつのらせ、疑心暗鬼になり
自らの狂った世界の建設にとって彼らが妨げになると思い込み、ブルドーザーで根こそぎ
踏み潰すような粛清、大虐殺に突き進んだのである。
スターリンの粛清も、その異常な猜疑心の強さと冷血という人格的な破綻が根底にあり、
このような資質を持っていた二人が、たまたま共産主義者だったのか、それとも、このよく似た
資質があったからこそ共産主義者として大成したのか‥‥。
どちらにせよ、この点に共産主義者のおぞましさと限界がよく現れているのを私たちは見ることが出来るのである。

122 :革命的名無しさん:2008/04/18(金) 22:36:06
人口1/10になっても理想社会が出来るのなら、
それはそれで良いのでは?

とりあえず現行のシステムもう飽きた。ダメっぽいし。
革命に繋がる事ならなんでも賛成だ。

多くの人がソ連の崩壊で共産主義は終わったと思っているけど、
まだまだ始まったばかりじゃないかな?
野球で言えば一回の表をなんとか零点に押さえた資本主義陣営が
先走って優勝パレードしているようなもんだと思う。

何回もトライ&エラーを繰り返してだんだんと世界は共産化する。
それを思えば全く初めてなのに世界を二分する勢力まで発展したソ連は
大金星と言って良いのではないだろうか?

ローマがキュ和製から帝政に移行するのには700年かかった。
それよりはるかにドラスティックな共産革命は1000年とかかかるかもしれないが
人類の歴史のスケールでいえばあっというまだろう。
現在は「調整中」といったところかな。

123 :革命的名無しさん:2008/04/19(土) 01:30:49
1000年後に人類が存在しているのか?

124 :革命的名無しさん:2008/04/19(土) 07:24:55
>>122
あなたは利己的で自分のことしか考えてないんですね。
あなただけの理想世界のためにどれほどの人が殺されて処分されるのですか?
所詮、共産主義者などに何を言っても無駄なんですね。


125 :革命的名無しさん:2008/04/19(土) 08:00:22
ポルポトと東条英機とはどっちがよりバカかな?
どちらも国民を多く戦争で殺した張本人、大バカの見本。


126 :革命的名無しさん:2008/04/19(土) 11:02:10
おいおい、対外戦争と自国民への虐殺一緒にすんなよ。

127 :革命的名無しさん:2008/04/19(土) 14:07:44
>125
ガキばかりの軍隊で、ベトナムに喧嘩売ったポルポトの方がバカだろ。

128 :革命的名無しさん:2008/04/19(土) 14:13:00
戦争で自国民を死なせた数なら、スターリンが一番だけどな。
が、スターリンを極悪人と言う奴はいるが、バカと言う奴はいない。

129 :革命的名無しさん:2008/04/21(月) 04:35:02
>>128
強いて言えば悪賢いと言えるかな

130 :革命的名無しさん:2008/04/21(月) 10:02:30
?
スターリンを馬鹿っていう人いっぱいいるけどな?
自国の軍隊ほとんど粛清しちゃう奴なわけで、「馬鹿」という考え方も成り立ちうるんじゃねえんか。

131 :革命的名無しさん:2008/04/21(月) 23:07:20
スターリンは馬鹿というよりも「赤い悪魔」だよ。
スターリンの粛清の犠牲者は3,000万人だ。
スターリンに比べたらヒトラーなんて可愛いものだよ。


132 :革命的名無しさん:2008/04/22(火) 06:54:04
悪魔というか魔王というべきかな
スターリンやポル・ポトは地獄でも粛清していそうだ

133 :革命的名無しさん:2008/04/22(火) 16:39:15
魔王!魔王!
お前の罪は俺が罰する。

134 :革命的名無しさん:2008/04/22(火) 20:10:38
スターリンもポルポトも優秀で真面目な政治家であった。
しかし、ただの人間なので判りやすい欠陥があった。
スターリンは強迫神経症、ポルポトも強迫神経症。
トップに立つ人間の病気が命令系統の最下部まで波及する
システムにこそ悪魔が宿っているのであって、
そのシステムは大惨事を一人の超人的な人間の責任にして
思考停止してしまう人間達が作り上げたものである。

ポルポト=悪魔!悪魔!スターリン=悪魔!悪魔!
ヒトラー=悪魔!悪魔!毛沢東=悪魔!悪魔!
と単純に思い込んでいる連中が一番危ないと思う。

135 :革命的名無しさん:2008/04/22(火) 21:00:43
アホか、政治家それも一国のトップに立つような男は、結果が全てじゃ!

136 :革命的名無しさん:2008/04/23(水) 11:42:11
南米の麻薬マフィアみたいなもんだろ。

宝石利権を持つ地域ボスに中華の味付けをしたんだよ。

137 :革命的名無しさん:2008/04/23(水) 22:35:19
ポル・ポトの売った宝石を得意げに身に付けるのは、先進国の女性たちですよ。

138 :革命的名無しさん:2008/04/24(木) 08:00:28
>>130
教室で自衛官の息子と見ると目のカタキにする、共産党教師のようだな!

139 :チンチン縛りのケン:2008/04/24(木) 08:12:44
>>137
支持者なんじゃろ。身の回りには、やわな男しかおらんからのう。
日本女性は残虐な男に惹かれるものじゃよ、ワシのようにな・・。
百合子も、そうじゃった。

140 :革命的名無しさん:2008/04/26(土) 15:33:39
金正日もポルポトのようなことをしてほしい。
北朝鮮の人口が大幅に減ってくれ、軍の幹部の半分が殺されてくれれば
脅威は半減する。 中国の同じ ぜひ ポルポトのような政策をやってほしい。
共産主義国家がすべてポルポトのようなことをすれば共産主義の脅威など
なくなる。

141 :革命的名無しさん:2008/04/26(土) 22:02:51
>>137
なら君も、資本主義下で作られた飯を食うのは止めて、
支那から輸入の毒菜だけ食いたまえ。

142 :革命的名無しさん:2008/04/27(日) 10:47:40
>>140
同感だな。自国民を大量に殺すのが共産主義者の特徴だよね。

143 :革命的名無しさん:2008/04/27(日) 13:27:06
バルト3国へ攻めるまでのスターリンは実はロシアソ連史上最も対外的には平和的
だった。自国の軍を将校クラスの半分近くを殺しそのほかの人民も大量殺害
これほど(対外的に)平和的な政権はなかった。
中国や北朝鮮もそういう政治をしてほしい。

144 :革命的名無しさん:2008/04/30(水) 21:21:50
戦争は平和である

自由は屈従である

無知は力である

― 『1984年』 ジョージ・オーウェル ―

145 :革命的名無しさん:2008/06/05(木) 20:14:21
う〜む、ポルポトもスターリンも、毛沢東の文革も森恒夫の総括も、みんな同じ流れだと思う。共産主義は正義→だから何をやってもいい、との思い上がりか。

146 :革命的名無しさん:2008/06/07(土) 23:15:33
日本の共産党も元日本軍人(下士官以上)を大虐殺してほしかった。

147 :革命的名無しさん:2008/06/12(木) 20:28:27
資本主義を維持存続させるために、共産主義に悪しきイメージを植えつけたかった

148 :革命的名無しさん:2008/06/26(木) 11:26:49
全く新しい社会システムを構築するにあたって
どのくらいのコストがかかるのか?
それは誰にもわからなかった。
とりあえず、漠然と「多くの血が流れるであろう」
ぐらいに思って100万200万2000万、と殺したんじゃないかな?


149 :革命的名無しさん:2008/06/26(木) 21:30:17
マルクスも迷惑なクズだよな。

150 :革命的名無しさん:2008/06/26(木) 21:39:23
いきなり
「お金を廃止します」
なんてアホ、マルクスでも想定しとらんわ。


151 :ポルポトは何もしてない:2008/06/26(木) 21:50:46
ポルポト政権で大虐殺があったとする、悪い、報道があるが、事実が事実出ない可能性が非常に高い。
何の証拠も何の証人も無くあのような、残虐行為を国連はしたのだ、だいたい国際社会が一国の内戦に関与することは
非常に悪いことである。本日、クローズアップ現代で言ってるだろう誰一人証人が現れない、つまり無かったのだ、しかし、悪徳
国連は、ポルポトを倒すために残虐な侵攻をした、しかも日本の自衛隊も行った。
国連部隊は強姦に次ぐ強姦を繰り返し、カンボジア国民は銃による銃殺とエイズによる病殺までされた。
そもそも国連とは何だ、アメリカに住み着いた悪徳連合だ、戦前は、国際連盟があったこんなものがあったから第二次世界大戦が
始まったといえる、この様な馬鹿な組織が国にちょっかいを出すから始末にならない。それと同じなのが国連だ、人間は支配されることを嫌う
それが国連は今世界中に言いがかりをかける悪い組織体質になってる。忌々しく悪賢くアクドイ、黒人だの朝鮮人が国連を牛耳るんだからどうにもならない
本質が、国際公務員だ、雇い者がまともな仕事が出来るわけが無い。しかも後進国の腐り者ばかりだ。
だからアメリカの言うことだけ聞く。こんなのイラン、しかしNHKは狂ってる。平気でポルポト政権を非難する、じゃてめーの国でも
非難しなさい。未だ江戸時代のような国もあるんだ。みろこの日本を、総理大臣から国会議員、官僚、裁判官、弁護士、教員、
地方でも同じだ、ありとあらゆる者たちが不正ばかりだ、まともな者がいない、
民放からNHKそれに新聞社警察、消防、正義なんてない。腐ってる、しかも殺人だらけだ、
学校で、道端で、不良外国人が莫大な数すくってる、アルジェリア人だの朝鮮人だのまともな人間はいない
腐ってる、ポルポトはそんな悪い野郎たちを少しは粛清したんだろう、悪いか、
悪くない、日本でもポルポトが現れるべきだ。いや世界中に必要だろう、
いま、何処の国にいっても悪い奴らばかりだ、黒人のような、遺伝子に悪徳遺伝子が染み付いてる悪い者まで要る
人間30になったら顔に責任をとれと言われる、黒人は黒いその生命体自身が腐ってる証拠だ、これは
強制は絶対出来ない、人類は世界中で粛清すべきだ。

152 :革命的名無しさん:2008/07/04(金) 02:09:16
>>151

>未だ江戸時代のような国もあるんだ。
>みろこの日本を、総理大臣から国会議員、官僚、裁判官、弁護士、教員、
>地方でも同じだ、ありとあらゆる者たちが不正ばかりだ、まともな者がいない、
>民放からNHKそれに新聞社警察、消防、正義なんてない。腐ってる、しかも殺人だらけだ、
>学校で、道端で、不良外国人が莫大な数すくってる。
>腐ってる、ポルポトはそんな悪い野郎たちを少しは粛清したんだろう、悪いか

まさにその通りだと思うね。
金や社会的な地位を持つと人間は残忍になる。
ちょうど権力が一人の人間に集中すると、独裁に走るように。
ポルポトがもしこれをしなかったら、代わりに学者や医者、政治家、経営者、弁護士
そういった連中がこの国でもやっているように、合法的に間接的に低所得労働者から
金銭を一方的、強制的に霞めとり、たくさんの低所得労働者やその家族が地獄の苦しみを
味わい、命を失っただけ。

全くポルポトがやった事はただそれを逆転させただけで
責められるべきことはあまりないとも言える。
責められるべきはブルジョア体制であって、ポルポトの行為ではない。

153 :>>122:2008/07/04(金) 15:39:06
ヒント

!人工知能!

154 :革命的名無しさん:2008/07/04(金) 17:11:46
ポルポト支持してた政治家とか党派で自己批判した連中っているの?

155 :革命的名無しさん:2008/07/04(金) 17:37:59
するわけないような連中ばかりが支持していたと思う。
具体的には中国派の一部だね。


156 :革命的名無しさん:2008/07/06(日) 17:30:57
日本の自殺者の実数は年間10万人
戦後60年で600万人自殺している。
クメールルージュの3倍以上。

157 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 00:52:22
ポルポトはなんか間違ってないような気がする。
自己批判とか言ってる連中はまるで絶対王政時代の貴族の言い草。
昔から生来からの、或いは、確率的偶然による成金のブルジョア階級は
経済的優位を利用し、弱者の利益を一方的、強制的に搾取し続けてきた。

その結果、経済的弱者は社会的にブルジョア社会の正義論を教え込まれ
洗脳され、辱められ、地獄の苦しみを味わい、多くの者が死に追いやられた。

挙句は批判されると、ブルジョア神授説や、己は辱めを受けない状況である事を利用し
徹底的に経済的弱者に罵声浴びせかけてきた。

このような社会である以上、革命や反抗によって、ブルジョア政権が転覆し
その政権時代に直接的、間接に、経済的弱者の利益を貪り喰らっていた連中が
例え何歳であれ、処刑されたり、拷問されたりしたのは当然の結果かもしれない。

同じことをブルジョア階級は、ブルジョア政権時代にしているのであるから。
その結果、経済的弱者は例え何歳であれ
地獄の苦しみに精神的に肉体的に、のた打ち回り悲しみの死を迎えていたのだから。

フランス革命当時、旧政権側の貴族連中はほぼギロチンにかけられたように
当然の結末であろう。

158 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 06:19:24
> ブルジョア神授説

ふむ。
アメリカのブルジョワ(”成功者”っつうのかw?)は口を開けば「才能」って言葉が大好きだが、
これって確かに「ブルジョア神授説」だわな。
うまい事言う。

159 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 07:53:27
>>158
お前の差別根性と下ネタへの固着も神から授けられた才能か?

160 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 09:50:41
はて?

※共産党政治家の個人攻撃をするのに「スジマン見放題」などという投稿を嬉々として利用する御仁の【下ネタへの固着】度

※「小児性愛指向は『少数者の人権』」だなどと喚き「それを擁護しない共産党は人権抑圧政党である事が明らかになった」だのと許し難き差別投稿を為す御仁の【下ネタへの固着】度

※「鮮人」だ「北鮮」だ「半島へ帰れ」だだのと絶叫する輩と嬉々として馴れ合い「その行動によって本性を暴露し続けた」御仁の【差別根性】

には、とてもじゃ御座いませぬが、
ソレガシなど生涯かけても足元にもすがる事すら出来ませぬ。
お買いかぶり召されますな。
では。

161 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 11:03:57
ポルポトの正体は、クメールルージュw

162 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 11:05:15
スジマン発言はやっぱりあんただったわけね。


163 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 11:06:23
おsageも可哀想だ。

164 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 11:16:50
こういう( >>162,163 )意味不明な日本語書き込むのも「神から授けられた才能」なんですかね?
涙目でキーボードを打つのが困難なだけかも知れないが。

165 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 11:24:23
小児性同性愛、クソホモ、も〜ほ〜、シネッ、死刑だ!

166 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 12:14:01
>>164
いつもと同じパターンの慌て方ですな。
もうちょい芸を見せてくれよ。

167 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 12:28:42
じじいはワンパターン、ワンパターンはじじい!

168 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 12:30:18
マラ真珠説

169 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 21:01:10
サロト猿

170 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 22:23:08
日本の左翼も虐殺ばっかりやってるな。
連合赤軍とか、三里塚とか。

171 :革命的名無しさん:2008/07/10(木) 22:40:09
ムガベェ共産政権、逆らうヤツはどしどし殺しますぅ。。。ぅぅぅっ。

172 :革命的名無しさん:2008/07/11(金) 00:21:36
日本の右翼も虐殺ばっかりやってるな。

天皇に逆らう奴はドンドン殺しますぅ。。。ぅぅぅっ。

っていうのもかなりあったけどね。


173 :革命的名無しさん:2008/07/11(金) 00:42:37
同じ穴のむじなだね、、、うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ欲賛会。

174 :革命的名無しさん:2008/07/11(金) 23:17:04
虐殺ではない、天誅だ。(右)
虐殺ではない、粛清だ。(左) 

175 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 03:02:05
右は権力への飽くなき強欲から生じるもの。(君主、貴族、国家、軍国主義)
左は権力からの圧制に耐えかねてへの抵抗や(市民による革命)
若しくはそれを利用した権力への渇望を望む一部の者によって生じるもの(権力者による革命の利用)

右による殺戮は私利私欲の強欲の追求を起因とするもの
左の殺戮は圧制への怒りによる反動を起因とするもの

右はひたすら私利私欲のところ、私利私欲しかないところが
左とは少し違う。


176 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 03:30:03
ポルポトの背後には中国とアメリカが控えて秘密指令を出していた!
皇帝の二重スパイのスターリンを操っていたのもアメリカだった!

177 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 03:41:46
根本的にはスターリンもポルポトも世界中の反共宣伝もアメリカの思うがままだった!

178 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 03:45:48
>>175
日共は右翼なのが良くわかりました。
貧乏人をバカにしたり外国人を嘲る人ばかりですもんね。

179 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 04:00:23
つう事は20世紀のアメリカせなわち帝国主義アメリカにより世界中の反共の歴史は
意図的に作られて来たんだな。
アメリカ帝国主義こそ全世界人民の敵であり、アメリカ人民と連帯して戦争と反共の
震源地を壊滅せねばならんな。アメリカ人民は必然的に友人でもあり、帝国主義こそ仇敵なのだな。

180 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 04:07:34
>>179
その通りかもしれない。
そもそも子供のホームレスがいるような先進国がどこにあるのかと思うよ。
救急車はといえば、貧困者は病気だろうと運ばないで道端で死ぬ。
こんな先進国がどこにあるのかと思う。
子供のホームレスまでいる民主主義とはお笑いだね。
つまりアメリカは全く民主主義ではなく、ブルジョア帝国主義に他ならない。
ブルジョア神授説を振りかざし、低所得者まで洗脳するのはやめて欲しいものです。

181 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 04:20:43
アメリカ人民もアメリカ帝国主義により抑圧迫害を受けている。
人間は地上の何処に住んでいようと、搾取する者、抑圧する者が誰であるか見極めて
共同で共通の敵と闘争する事が最も合理的であり生産性が高いのである!

万国の労働者よ、団結せよ!

182 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 04:43:57
日本においては一日に自殺する人が100人も発生している!多くは超過利潤のおすそ分けママに
預からない貧しい人々である!すなわち経済苦による自殺である!
この人々の実相を知りながら、他の日本人は真相を伝えようともしない!
何と言う破廉恥で賎しい民族に成り果ててしまったのであろうか?
自殺の真相を伝えないマスコミは只の大本営発表の伝声管であり、奴らの報道はもはや、
全情報の一部でしか無く、日本人は自らの頭脳で社会現象を判断せざるを得ない!
経済苦による自殺は如何にすれば無くす事が可能なのであろうか?

183 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 04:58:30
ホント、お金に卑しい民族だな!最低!

184 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 05:17:55
お金の為ならライオンズクラブのどんな指図でも受け入れ実行するという卑しい民族が
日本人なのである!
それ故、別名乞食とさえ蔑称される日本人!
この闇金を餌にガツガツと食い付かせて自らの意図通に日本人を踊らせて来たライオンズクラブは
在日が主導権を握る売国勢力なのである!
すなわちライオンズクラブの指令を実行し社会に混乱を持ち込む者は売国奴の汚名を
退ける事は出来ず、内乱罪に問われスパイたるを得ないのである!
ライオンズクラブこそ日米軍事同盟のもとに跳梁跋扈している韓国人ファシストそのものである!

185 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 07:32:13
乞食民族、日本人!

エタ民族、最低民族!

スパイ民族、売国民族!

186 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 08:06:43
文句あるなら反論してみろ。乞食ども。

187 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 08:51:47
テメエ等で乞食に成り下がり、朝鮮人の言いなりになって自らの国を韓国に切り売りする日本民族に明日はもう来ない!

188 :革命的名無しさん:2008/07/12(土) 19:20:47
Q.よくこの板で呼ばれるオミンスってどういう人?

A..この人は書き込むキーワードで特定されています。
「自公共連立」「していやがる」「ネオナチ共産厨」「おsage」「字間空け」等の特異な用語を使用します。
その書き込みの多くは自己の本性の投影とみていいようです。

Q.なんでオミンスさんは嫌われるのですか?

A.質問に答えないで逃走する習慣があるからです。
 たとえば、共産党が肝炎薬害訴訟の原告団を中傷している、あるいは、
 共産党が石原は浅野よりはマシだと主張した、などと数々のデマを垂れ流しておきながらそのソースを問われると逃走しました。

Q.この人の書き込みの目的はなんですか?

A.当人以外理解不能ですが、共産党を攻撃することに使命感があるようです。
 ありがちなパターンとしては、朝鮮人や部落問題や同性愛などに対する差別的な書き込み、改憲右翼的な書き込み、
 あるいはユダヤ陰謀論的な書き込みがあると、なぜか共産党の書き込みということにする書き込みを行います。
 その多くは自作自演が疑われています。

159 名前:革命的名無しさん 投稿日:2008/07/10(木) 07:53:27
>>158
お前の差別根性と下ネタへの固着も神から授けられた才能か?
162 名前:革命的名無しさん 投稿日:2008/07/10(木) 11:05:15
スジマン発言はやっぱりあんただったわけね。
163 名前:革命的名無しさん 投稿日:2008/07/10(木) 11:06:23
おsageも可哀想だ。
166 名前:革命的名無しさん 投稿日:2008/07/10(木) 12:14:01
>>164 いつもと同じパターンの慌て方ですな。
もうちょい芸を見せてくれよ。
178 名前:革命的名無しさん 投稿日:2008/07/12(土) 03:45:48
>>175 日共は右翼なのが良くわかりました。
貧乏人をバカにしたり外国人を嘲る人ばかりですもんね。

189 :革命的名無しさん:2008/07/30(水) 05:52:47
ポルポトの虐殺は、中共文革派の影響とカンボジア国内での超少数派支配を
確実にするために行われたと思われる。

とにかくポルポト派は超少数派だった。
ポルポト派は1960年代中旬のシアヌーク国王時代からジャングルで
シアヌーク王国陸軍相手にゲリラ戦をしているが、農村部の
支持がまったくなく、少しの攻勢だけで後が続かなかった。
カンボジア農民はポルポト派を応援しなかった。

その為、ポルポト派はカンボジア山岳部に逃げ込み、ベトコンからも
見放され、山岳少数民族だけが味方になり、孤独な戦いを強いられた。
ベトコンはシアヌーク支持に回り、彼からカンボジア東部での行動の
黙認を獲得した。

カンボジア山岳民族は、カンボジア農民から少数派として蔑まれ、
少数民族として差別の対象になっていた。このため余計にポルポト派は、
農村部の支持を失い、結果として農村部でのシアヌークの厚い支持を
固めてしまった。

190 :革命的名無しさん:2008/08/29(金) 11:14:21
ポルポト・・最後は寂しい死だったな

191 :革命的名無しさん:2008/08/29(金) 11:41:30
左翼人は、基本的に寂しい死がデフォ。おまえらも同じこと。

192 :革命的名無しさん:2008/08/29(金) 12:08:10
191には楽しい死を


193 :革命的名無しさん:2008/08/29(金) 21:02:17
ポルポトは、お気に入りの五つのドクロを、ワックスをかけて磨き上げたり、金箔を貼って、自分の寝室に飾っていた。

194 :革命的名無しさん:2008/08/29(金) 21:03:39
共産主義者、怖いっす

195 :革命的名無しさん:2008/08/29(金) 21:34:00
ポルポトもミヤケンもドS。

196 :革命的名無しさん:2008/08/30(土) 01:10:12
>>191
ミヤケンは多くの人に見送られましたね。
不破の葬儀も盛大に行われるでしょう。

197 :革命的名無しさん:2008/08/30(土) 03:45:07
共産党専従、それも上級党員だけの墓地が八王子にあるのを知っていますか?まるで靖国に一部の軍属だけが英霊として奉られているのと同じだと思いませんか?

198 ::2008/08/30(土) 07:55:05
プ

199 :革命的名無しさん:2008/09/04(木) 20:50:04
>>198
みっともないですよ。

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)