2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

第4の権力としてのマスコミの終焉

1 :名無しさん@3周年:2008/08/12(火) 21:25:39 ID:MjFrjX52
インターネットが普及した事により、庶民が自由に発言ができ、
マスコミが隠そうとした情報がむしろ早く伝達してしまう世の中になった。
反日メディアとして特定アジアのスポークスマンとして活躍してきた毎日新聞も
変態記事の問題でとうとう毎日.jpが閉鎖になりそうだ。
もはや大衆への洗脳として機能しなくなってしまったといえる。

誠実に真実を伝えるメディアだけが残るであろう。

2 :名無しさん@3周年:2008/08/13(水) 02:45:10 ID:ytyCG1Mw
可能性を期待した。

インターネットの性質上、情報発信の難易性は各段に低下したといえる。
結果情報発信媒体の乱立的状況が現出する。

この乱立的状況において需要にあった情報発信サイトが伸びていくこととなる。
しかし、ネットの本質の重要な部分は情報発信の難易性の低さ、とそれゆえの情報媒体の質の低下も見られる。
この乱立的状態の中で洗練されて伸びるサイトと情報媒体の難易性の低さの概念は
前者は情報を収束化させる効果を持ち、後者は情報を拡散化させる傾向を持ち、互いの性質が絡み合って、ネットの性質が決定されうる。

結果的に情報収束化は起こったがその際ネットの需要が細分化され、それぞれに即した情報媒体が拡大した。
住み分け現象のような状態が現出することとなり、それが起こった結果、全体の総意に変化のアプローチを促す性質が低下することとなった。
住み分け現象が発生すれば、人々の思考は均衡化するよりも極端化する傾向にある。
ネットの情報提供機能を過小評価してはならないが、ネットの優位性は限定的なものと言える。

そうした中でも、全体の総意に大きなアプローチを与える事例は韓国などで報告がある。
高速にそして住み分けに関係なく伝えられるような情報においてはネットの影響力は特に過小評価できないものとなっている。

3 :名無しさん@3周年:2008/08/13(水) 12:27:41 ID:V22Y/N7n

とにかく知ること

ttp://jp.youtube.com/watch?v=CuGBIk3arLs

ttp://mchd7w4hh.hp.infoseek.co.jp/html/souka_taboo.txt.htm

ttp://www.toride.org/81/crime.htm

ttp://page.freett.com/sokagakkai_komei/katsudou/

4 :名無しさん@3周年:2008/08/13(水) 18:27:55 ID:8FscpiDk
>>2
今回の毎日変態記事みたいな問題では
侮日vs日本人あるいは捏造vs事実という構図になったから、
四面楚歌になってしまった。
公益性を害するメディアは「ネットの影響力は特に過小評価できない」どころではなくなったと言えないかな。

>>3
「とにかく知ること」も大事だが、ネット媒体で「知った事を知らせる事」も大事だろうね。
特にネット以外の場所で。

5 :名無しさん@3周年:2008/08/18(月) 05:55:03 ID:bxX6RDaR
紙媒体よりネットの方が利便性が高い。
そのネットではニュースソース側が国民を扇動できない。
時間が経つにつれ世代が代わり、ネットの利用率が上がる。
その結果さらに報道権力は衰退する。

6 :名無しさん@3周年:2008/08/18(月) 10:59:50 ID:wEzD+XG4
毎日新聞のネット君臨派はいまだに気づいていない。
もう統制はできないんだよ。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)